そばかす 原因 年代

そばかすの原因は年齢によって変わる

そばかすはできる年代によっても原因は違います。
それぞれの原因を知る事によって対策も考える事ができますね。

 

そばかすは早い子だと6歳くらいから出ると言われています。

 

小さい子供のうちから出る人は、両親からもらった
そばかすになりやすい体質を受け継いでいる可能性が高いでしょう。

 

そういうタイプの子供は、元々肌がデリケートなのでできるだけ紫外線に
当たらないように帽子をかぶったり、日焼け止めを塗るのが予防策です。

 

 

また10代になると部活などで、日に当たる時間が長いので、
SPFやPAの値が高い日焼け止めを使用する事が好ましいですね。

 

しかし子供ですから、こまめに塗る事も忘れがちなので、
お風呂上りにボディクリームを塗るなどのケアをしてあげましょう。

 

次に20代から40代でそばかすがいきなり増えたと感じる人も少なくありません。

 

 

この年代でそばかすが増える原因は、1つではなく複数考えられます。
仕事でのストレスで活性酸素が増える事によって、メラニンが多くなったり、
ひとり暮らしをし始めて急激な食生活の変化によるものがあります。

 

 

また妊娠、出産でそばかすが急に増えたという人が多くいますが、
これについては原因がはっきりとしており、ホルモンの増加によるものとされています。

 

 

エストロゲンやプロゲステロンは女性にとってはなくてはならないホルモンですが、
メラニンを生成するメラノサイトを刺激するといった作用もあります。

 

妊娠をきっかけにホルモンが増えて、よりそばかすが増える事があります。

 

逆に50代以降になると、そばかすは徐々に消えていく人もいます。

 

ホルモンの分泌が少なくなり、メラノサイトを刺激する事も減るので、
遺伝的要素が大きい人は加齢により少なくなります。

 

 

しかしそばかすではなく肝斑などのシミは加齢により増えるので、
若い時と同様にシミやそばかす対策は引き続き必要となります。

 

 

また慢性的な不眠やストレスが多い生活習慣、タバコなど
老化を早める行動が原因でそばかすが出る年代でもあります。