そばかす 消したい

そばかすとシミの違いは?

よくシミとそばかすって一緒にされる事もありますが、
両者は似ていても少し違いがあります

 

顔の肌に出るのは同じなのですが、
それぞれに出方の特徴があるのでそれで判断すると良いでしょう。
まずシミですがシミはほとんどが後天的な理由が多いでしょう。

 

ニキビや炎症の跡がシミになったり、紫外線や肌の摩擦で
メラニンが過剰に生成されて起こる症状で、炎症後色素沈着という症状があります。
また老化による老人性色素斑もシミに分類されます。

 

加齢によるシミは誰にでも出るものですが、肌をダメージにさらしてきたひとや、
ストレスの多い生活を送ってきた人の方が早くにシミが出る傾向にあります。

 

出方の特徴としては顔であればどこにでもできますので、
ニキビの出やすい場所にシミはできます。
また大きさもそれぞれバラバラで、ホルモンのバランスの崩れによって
できる肝斑というシミは少し大きいのが特徴です。

 

 

一方そばかすは体質の遺伝によりできる、先天性の原因が多いのです。
出方はシミとは違い、目の下や鼻の周辺、頬に小さな斑点が沢山できるのが特徴です。

 

そばかすは雀の卵の色や模様に似ている事から正式名称を雀卵斑と言います。
そばかすは紫外線に浴びると色素が濃くなる特徴を持っており、
また年を重ねると何故か薄くなる人もいるようです。

 

シミについてもそばかすについても、気をつけなければならないのは紫外線やメラニンの生成です。
どちらも間違ったスキンケア方法で悪化しますので、対策法はどちらも同じです。

 

ただそばかすの方は、子供のうちからある事が多いため、
大人のようにスキンケアを毎日行う事はありません。

 

ですからシミと比べてもがんこな部分がありますので、
根気良く肌へのスキンケアを行う必要があるでしょう。

 

どちらにせよ紫外線やメラニンによる肌のシミや
そばかすをこれ以上濃くしないという対策が先決です。

 

それからそばかすができにくい肌や、メラニンが
体外からすぐに排出されるようにする対策が良いでしょう。